クレンジングや洗顔のやり方で肌が変わる!きめ細やかな肌を維持するなら○○はダメ!

クレンジングや洗顔のやり方で肌が変わる!きめ細やかな肌を維持するなら○○はダメ!

 

”正しいクレンジングや洗顔のやり方”知っていますか?

 

きちんとお手入れをしているかどうかで肌が変わります!

 

クレンジングや洗顔に正しいも間違いもあるの?と思うかもしれませんが…あるんです。

 

ニキビケア専門のお店の方にお話を伺った時、衝撃の事実を知ったので皆さんに共有したいと思います。

 

クレンジングは塗って放置してなでるだけ!

 

洗顔は泡で押すだけ!または塗るだけ!

 

いつまでもきめ細かいピチピチのお肌を維持するために、正しい方法を知って今日からぜひ実践してみてくださいね。

 

クレンジングクリームや洗顔クリームをつけてゴシゴシ、クルクルやってしまっている人は要チェックですよ!

正しいクレンジングのやり方

※クレンジングはクリームタイプのものをおすすめします

  1. 手のひらにクリームをサクランボ1個分より少し多めに出します
  2. 顔全体に優しく塗ります
  3. 1分置きますこうすることによりメイク汚れを浮かせます
  4. 手のひら全体を使って両サイドからなじませるように優しくなでます

    ※赤ちゃんの肌を撫でるように愛情をもって自分の肌をなでましょう
    ※このときすべてのなで終わりはもみあげの下あたり(耳たぶの前あたり)にしましょう
    おでこからもみあげ下へ
    目元からもみあげ下へ
    鼻からもみあげ下へ
    鼻下からもみあげ下へ
    あごからもみあげ下へ

  5. Cを3回くりかえします
  6. 水またはぬるま湯でこすらず20回ほど流します
  7. タオルでそっと水分をふき取れば終わりです

手にクリームをとったあとクルクルしないと汚れがとれないのではないかと思う方はたくさんいると思いますが…それをしてしまうと逆に肌に負担がかかってキメ細かい肌が失われてしまいます。

クリームがもったいないと使用量を減らすこともやめましょう
量が少ないと伸びが悪く、摩擦で肌に負担がかかります

 

肌のキメをチェックする機械で見てもらいましたが、いままでクルクルゴシゴシやっていた私の肌はキメが失われてハリがありませんでした…。
クルクルしないとメイク汚れが落ちないと思い込んでいたことが原因です。

 

正しい洗顔のやり方

ドロ洗顔編

おすすめはドロ洗顔だそうです!
ドロを泡立てずに顔全体に塗って60秒ほど置きます
だんだんドロが固まって顔が引っ張られるように感じます
水またはぬるま湯でこすらず20回ほど流します
鼻やおでこ中央にドロが残るのでそこは優しくなでるように落とします

 

泡洗顔編

泡洗顔では、泡立てネットを使ってキメの細かいモコモコの泡を作ります

 

モコモコの泡で押して汚れを落とします

 

水またはぬるま湯でこすらず20回ほど流します

 

 

難しいことは一切ありませんね!
クルクルしなくても汚れが落とせるということは私にとって驚愕でした。

 

肌の調子が悪いならオーガニックのリンゴ酢

 

なんだか肌の調子が悪いという方は上記画像のリンゴ酢を飲んでみてはいかがでしょうか?

 

このリンゴ酢には腸内環境を整える効果もあるようです。私は健康診断で悪玉菌が少し多いという結果がでており、気になっていたのでそのことを話すとぜひ飲んでみてくださいとおすすめされました。

 

血糖値が高い方にもおすすめです。ダイエット効果もあるのだとか!?

 

ただし、リンゴの味はしませんし酸っぱいです。(笑)

 

例えるなら、市販のもずく酢の甘くないバージョンと言ったところでしょうか。(笑)

飲み方は簡単!

大さじ1杯ほどを水に薄めて朝晩飲むだけ!

お酢や酸っぱいものが好きな方は好んで飲めそうです。私も飲んでいますが長く続けられそうな味です。

 

しかし、みかんを食べるだけでも酸っぱいと感じる方は飲み続けるのは難しいかもしれません。

 

また、アトピーの民間療法としても利用されているようです。
10倍に薄めて一日二回患部にスプレーしてかけるだけで殺菌作用や肌を優しく保護する効果があるようです。

 

リンスの代わりに使っている方もいるようで髪の毛がサラサラになるんだとか。
大さじ1杯をお湯で薄めて髪の毛にかけるそうです。

 

ぜひお試しあれ〜↓
Bragg オーガニック アップルサイダービネガー 946ml[海外直送品] [並行輸入品]

 

まとめ

  • こすらない!クルクルしない!
  • クレンジングは汚れを浮かせて優しくなでるだけ!
  • 洗顔の場合は塗るだけ!もしくは泡で押すだけ!
  • ゴシゴシやクルクルはNG!

 

年齢を重ねてもきめ細かいハリのある肌であり続けるために、ぜひ実践してみてくださいね。

 

今日からでも遅いなんてことはありません。

 

あなたの肌がいつまでも若々しくありますように。