メガネの鼻パットはありなしどっちが良いの?メリットデメリット

メガネの鼻パットはありなしどっちが良いの?メリットデメリット

 

どうも、メガネ歴10年以上の専業主婦みゆです。

 

今回は、私が10年以上メガネをかけ続けて思ったことを言います。

 

それは、”メガネはパットなしが断然良い!”です。

 

なぜそう思ったのか、メリットとデメリットを挙げながら解説していきたいと思います。

 

メガネの鼻パットはありなしどっちが良いの?

鼻パットあり

 

〇メリット〇
・眼とレンズに適度な距離があるため、まつエクやつけまつげをしていても当たりにくい
・鼻パットの交換を無料で行ってもらえる(店舗による)
細かいフィット調節が可能

 

〇デメリット〇
・鼻パットがついている金具がさびやすい・年数が経つと折れやすくなる(数年で折れたことが3回あります)
・調節が可能部分のため少しの衝撃で曲がる・ゆがむ(自力で直そうとすると折れたり、よけいにフィットしなくなることがあります)
・眼とレンズの距離が離れてしまう為、目が小さく見えてしまう・目つきが悪く見える(近視が強いほど目が小さく見えます。本来の目の大きさの1/2程に見えることも)
鼻パットの跡が残りやすい(かける時間が長いほど跡がとれにくくなります)

 

〇学生時代の苦い経験〇
・ドッヂボールをしていた時に顔面にボールが飛んできて鼻パット部分の金具が折れる
・体育館で友達としゃべっていたら上からボールが飛んできてメガネが吹っ飛び鼻パットが折れる(笑)
・「みゆちゃんって目小さいよね、目があいているかわからないよ」と言われる

 

 

鼻パッドなし

 

〇メリット〇
・眼とレンズの距離が近いため、強い近視でも目が小さく見えにくい
鼻に跡が残りにくい
・鼻パットがないため鼻にあたっている部分が曲がったりゆがむことはない
・購入時にきちんと調節されていればズレない
・フレームの大きさが同じでも鼻パットありよりなしのほうが視界が広く感じる

 

〇デメリット〇
・まつエクやつけまつげをしているとレンズに触れる
・鼻パットがないぶん、高さや幅が調節できない(耳のあたる部分の調節をうまい店員さんが行うとズレなくなります)
・鼻の負担は少ないぶん耳が痛くなることがある

 

ここまで読んでもらうと「どっちもどっちだな」と思いますよね。あなたの好みで決めて良いと思います。

 

まつエクをほぼ年中している方は鼻パットありのほうがおすすめです。

 

しかし、メガネを外してお化粧をして出かける方に関しては”メガネはパットなしが断然良い!”です。普段家にいるときメガネをかけているとだんだん鼻パットの部分だけ跡がついたように黒ずみます。その部分だけファンデーションをしても下地を塗ってもパットの跡が目立ちます。せっかくばっちりお化粧をしてもパットの跡がついていたら台無しで気分も下がってしまいます。

 

メガネ購入後、万が一フィットしない場合は耳の部分に”メガロック”というものをつけると”ずれる”ことはありません。耳の後ろが髪の毛で隠れるようでしたら外出時も目立つことなく使用できます。

 

レトロな一山メガネ

 

私は知らなかったのですが、よく目にするものとはまた少し違った鼻パットなしタイプの”一山メガネ”というものもあるみたいですね。知っていましたか?

 

一山ブリッジを鼻梁(ハナミネ 眉間から鼻の先端までの部分)にのせてかけるメガネのことを言うそうです。眼とレンズの間隔を調節できないため、自分に合ったものを探すことは難しいようですが、メリットとしては鼻当てが変形しないこと、鼻の横にパットが当たらずスッキリとしてみえることが挙げられます。

 

まとめ

  • まつエクをしている方には鼻パットありがおすすめ
  • 外出時メガネを外す方は鼻パットなしがおすすめ
  • 近視の度数が強い方は鼻パットなしがおすすめ
  • おしゃれさんはレトロな一山メガネにチャレンジしてみては?
  • 特に気にならない方はお好みで

 

追記.
小さいころ暗い部屋で、ゲームボーイで星のカービィをやりすぎてしまい小3で視力がAからCになってしまいました…。そこからメガネ人生がスタートしたわけですが、当時はかわいくないメガネしかなく、値段も高かったので毎年視力が下がるたびに親にめちゃくちゃ怒られていました。そしてメガネをかけている自分のことが大嫌いで仕方ありませんでした。しかし、最近はおしゃれなメガネが比較的安価で販売されているのでメガネでもおしゃれが楽しめていいですね!