水とりぞうさん〜除湿剤って効果ある?ない?使い方や成分・しくみについてのまとめ〜

水とりぞうさん〜除湿剤って効果ある?ない?使い方や成分・しくみについてのまとめ〜

 

”除湿剤ってなんで水がたまるんだろう?”

 

”除湿剤の成分って何なんだろう?”

 

”水は溜まっているけど本当に効果はあるの?”

 

そんな風に思ったことはありませんか?

 

結果から言いますと、適切な場所において使用すれば効果はあります!

 

私の住んでいる家は湿気がひどく喚起してもなかなか湿気が減らないため、水とりぞうさんには一年中大変お世話になっています。

 

今回はそんな家庭の味方の除湿剤、”湿気取り 水とりぞうさん”の成分やしくみ、効果、使用するにあたってのハテナ?な疑問についてまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください!

 

除湿剤の成分としくみ

1982年の発売以来、多くの方に愛されているロングセラー商品の水とりぞうさん。

 

商品の上の方にはいっている白色の粒は塩化カルシウムで、水分を吸収して液体になる性質を利用して除湿効果を発揮させているようです。

 

湿気を吸収→白色の粒が溶ける→塩化カルシウム水溶液に変わるといった仕組みになっています。

 

除湿剤の使い方

 

私の旦那がお店で売っている除湿剤をみて、「これ、店に置いてあるだけだんだん効果がなくなってしまうんじゃないの?」と私に聞きました。もしかしたら同じように思ってらっしゃる方がいるかもしれませんので言いますが、除湿剤には薄いシートがついておりそのシートをはがしてから吸湿がはじまるのです。

 

3個セットになっているものを一つ一つ切り取って外す→薄いシートをはがす→ぞうさんの絵の描いてある厚紙に丸っぽい切り抜き部分があるのでそちらをくりぬく→容器にのせる→もともとついている折り目にあわせて左右を折り曲げて容器に固定

 

このような流れです。文章で書くとわかりにくいかもしれませんがやってみればとっても簡単です。

除湿剤の上に厚紙をセットするのは、落下物で表面の白い紙が破れないようにするためです。

 

除湿剤の効果

お部屋の湿気が気になってお部屋の真ん中に置いている人いませんか?

 

残念ながら、通気性のある場所(お部屋などの広い空間)に置いても、空気をカラッとさせる効果がないため使えません。除湿剤は空気中の湿気を取り除いてくれますが、押し入れやクローゼットなど収納空間のせまい場所限定なのです。

効果がない理由

部屋が広すぎ+空気の流れが早くて除湿が間に合わないから!!

お部屋の除湿をしたい場合はエアコンの除湿機能を使ってみましょう!(エアコンによっては除湿より冷房のほうが除湿される場合があります。)

 

私の実家ではサンルームで除湿器を使っています。母は「これ(除湿器)電気代たくさんかかるからあんまり使わんといて〜」と言いますけどね(笑)

 

除湿剤を置いておきたい場所とより効果のある位置

特に湿気がたまりやすく、被害が大きいのは下駄箱と押入れです!この二カ所にぜひとも除湿剤を置いてほしいです。

 

私は最近、下駄箱に半年ほど入れていたお気に入りのヒールがカビだらけになっていて大ショックを受けました。

 

除湿剤のより効果のある置き場所はなるべく床に近い、低いところ!なぜなら、湿気は床に近いところから湿気が溜まっていくからです。また、クローゼットや押し入れの両端に1つずつ置くと湿気がよく取り除けるためおすすめですよ。

 

クローゼットや押し入れ用の除湿剤(ハンガータイプ)もありますが、最優先は床の除湿!ハンガータイプを使用するなら、床に置く水とりぞうさんと一緒に使うと良いです。

 

除湿剤の効果をより引き出すためには?

ずばり、収納を詰め込み過ぎないことです。収納がぎゅうぎゅうに詰まっていると、空気が流れが悪くなって除湿剤の効果が十分に発揮されません。収納物は7〜8割程度が良いとされています。

 

また、風通しをよくするためにすのこを敷くと良いです。これはもうすでに取り入れていらっしゃるお家もあるのではないでしょうか。

 

 

除湿剤の取り換えの目安は?

 

水とりぞうさんには”吸湿量の上限”がわかるようにやじるしがついているため、上限に達したら交換しましょう。しかし、除湿剤を置いた環境によって溜まる量が変わるので”吸湿量の上限”まで水(吸湿液)が溜まらないこともあります。

 

また、容器に水(吸湿液)がある程度溜まってくると水(吸湿液)がたまる速度が遅く感じることもあります。湿気があるのになかなか水が溜まらないなあと感じたときも交換することをおすすめします。

 

使用期間はおよそ3〜6か月となっていますが、白色の粒が無くなった時点で交換することをおすすめしているようです。

 

除湿剤の水の捨て方

 

水(吸湿液)の捨て方は簡単!水とりぞうさんには便利な水捨てシールがついており、そのシールをはがして溜まった水(吸湿液)を水道水と一緒に流します。この記事の最初のほうに書いた通り、塩化カルシウムを使用しています。洗面所がサビる原因になりますのでかならず水道水を流しながら水(吸湿液)を捨ててください。

 

”枯れることがありますので植物に液をかけないでください”と注意書きがあります。ただの水に見えるかもしれませんが塩化カルシウムと水分が混ざってできた水(吸湿液)ですのでご注意を。

 

水とりぞうさんの使用後は、自治体のごみの捨て方に従いましょう。

 

昔発売されていた水とりぞうさんには水捨てシールがなく、中に溜まった水を捨てるためにハサミやカッターを使う必要がありました。白い厚紙は、手ではとてもじゃないけど破れないくらいの頑丈さでしたよ。

 

しかし、現在発売されている商品には水捨てシールがあるので、手を痛める心配もハサミやカッターがサビてしまう心配もなくなりました。オカモト株式会社さんは、お客様想いの会社ですね。

 

注意事項

除湿剤の水(吸湿液)を誤飲してしまったら?

万が一飲み込んでしまった場合は、すぐにたくさんの水を飲んでください。
お医者さんに相談しましょう。

 

除湿剤の水(吸湿液)こぼしたり、服についた場合は?

こぼしたり服についた場合は必ず水でしっかりと洗い流してください。(洗えない場合はべたつきがなくなるまで、水拭き・カラ拭きを繰り返して落としてください。)

溜まった水(吸湿液)が、木や革・金属などの物や服についてしまった時はシミ・サビにより破損の原因になります。

 

 

除湿剤の再利用は可能?

可能ならば一度購入した除湿剤を繰り返し使いたいと思いますよね。しかし、塩化カルシウムでできているため再利用できないのです。

 

どうしても使い捨ては嫌で多少手間がかかっても繰り返し使いたいという方は炭でできた除湿剤を使ってみてはいかがでしょう?

 

水とりぞうさんの商品紹介

タンクタイプ


いちばんスタンダードなタイプの”水とりぞうさん 550ml 3個パック”(400mlのコンパクトタイプもあります)

臭いも気になるならぜひプラスaの機能がついている炭タイプがおすすめ!

炭の力で脱臭もしてくれる”水とりぞうさん炭 550ml 3個パック”

良い香りに癒されたい方はぜひこちらをどうぞ!

フルーティフローラルの香りがする”水とりぞうさん香り付き 550ml 3個パック”
※エッセンシャルシャボンの香りのタイプもあります。

 

シートタイプ

ハンガータイプのため場所をとらず!湿気を吸うとゼリー状に固まる仕組みで湿気を早く取り除いてくれます!

new”水とりぞうさんクローゼット用 大判タイプ” 300g×2シート

引き出しや衣装ケースにいれるだけ!タンクタイプと違ってたまった水を捨てたりする手間がありません!

”水とりぞうさん香り付き 引き出し・衣装ケース用 エッセンシャルシャボンの香り”
※香り無し・フルーティフローラルの香りもあります

超薄型で分割しても使える!すきま空間にスッと忍ばせるだけで湿気を取り除きます!

”水とりぞうさん すきま用” 200g吸湿

タンスの後ろや食器棚裏の湿気を取り除く超薄型大判タイプ!こんな商品欲しかった!

”水とりぞうさん タンス裏用”

除湿だけでなく消臭・抗菌効果まで!天日干しで繰り返し使えるエコな商品です!

”水とりぞうさん 靴・ブーツ用”

除湿だけでなく消臭・防カビ効果まで!靴・ブーツ用との併用でさらに効果アップ!

”水とりぞうさん 下駄箱用”

 

まとめ

  • 白色の粒は塩化カルシウムで、水分を吸収して液体になる性質を利用して除湿効果を発揮
  • 湿気を吸収→白色の粒が溶ける→塩化カルシウム水溶液に変わるといった仕組み
  • 押し入れやクローゼットなど収納空間のせまい場所で使いましょう
  • 収納は詰め込みすぎず、風通しを良くしましょう
  • 取り換えの目安は吸湿量の上限のやじるしに水(吸湿液)が達する、もしくは使用してから3〜6か月後
  • 水とりぞうさんは種類が豊富!きっとみなさんの期待に応えてくれることでしょう。