牛乳パック椅子の作り方〜大人も座れる強度で、とても丈夫!〜【保存版】

牛乳パック椅子の作り方〜大人も座れる強度で、とても丈夫!〜【保存版】

 

”こどもが使えるちょうどいいサイズの椅子が欲しい!”

 

それなら牛乳パックで作ってみませんか?

 

使用する牛乳パックは24本!!

 

とっても簡単な牛乳パックの椅子の作り方を紹介します。

 

お子さんが座るためだけでなく、踏み台としても活用できちゃうくらい丈夫です!

 

さっそく作っていきましょう!

牛乳パック(紙パック)椅子のつくり方

〇用意するもの〇

・段ボール2枚
・はさみ
・ガムテープ
・牛乳パック24本

 



1.線に沿ってハサミで切ります

 


2.画像の下のジグザグのように上もジグザグにハサミで切ります

高さの低い椅子を作りたい場合は2のジグザグを少し下の方で切ります



3.線の部分を重ねてガムテープで止めます

 


4.物を入れてもこぼれないように底もガムテープで止めます

 


5.新聞紙を丸めて入れ、4のように上もガムテープで止めます

 

よく目にする六角形の椅子を作りたい場合は形が変わってしまう為、あまりぎゅうぎゅうに新聞紙を詰めないようにしましょう。
少し横幅の広いものを作りたい場合はたくさん新聞紙を詰めましょう。

 




6.画像のように三角にした紙パックを4つならべ、その上に3つのせてガムテープで止めます(これを2つ作ります)

 


7.6でできたものを合わせてガムテープでとめます

 

8.6のように今度は三角にした紙パックを3つならべ、その上に2つのせてガムテープで止めます(これを2つ作ります)

 


9.7でできたものをはさむように8をおいてガムテープで止めます

 



10.紙パックの中に新聞紙を詰め込みすぎなければ上の画像のように、たくさん詰め込めば下の画像のようになります

 


11.10でできたものの下に段ボールをひいて型取りします(上下とも)

 


12.型取りしたものをガムテープで止めます

 

土台はこれで完成です!!

 

 

牛乳パック(紙パック)椅子の表面をデザインしてみよう!

例1))ビリビリにやぶった和紙や包装用紙にノリを塗って土台にぺたぺた貼り付ける
用意するものは、包装紙や和紙・ノリ
(新聞紙の上でノリを塗れば机が汚れません。)

 

お子さんと一緒にペタペタ貼れば脳の発達や手先の発達を促すことができます。お子さんの想像力や成長に驚かされちゃうかも!?

 

また、完成後に椅子を使用することで今まで届かなかった高いところの物が取れたり、電気を消せたり、”自分でできること”が増えてどんどん挑戦したいという気持ちが芽生える可能性もあります。

例2))レジャーシートを切って貼り付ける
用意するものは、レジャーシート・接着剤・ハサミ

 

「レジャーシート!?」と思うかもしれませんが、お子さんの食べこぼしや飲みこぼしもサッとふき取ることができるためかなり優秀です。汚れが付きにくいところが魅力的です。

例3))好きな生地と布用ボンドで仕上げる
用意するものは、お好きな生地・定規・ペン・布用ボンド・ハサミ

 

糸で塗ったりミシンを使用しないため簡単にできちゃいます。リボンやレースを巻いてもかわいいですね。

例4))100均などで好きな生地の布を買ってきて手縫い、またはミシンを使って仕上げる
用意するものは、お好きな生地・定規・布きりハサミ・待ち針・手縫いの糸(・ミシン)

 

使用していくうちに紙パックが縮んで周りの布がダボダボになってしまうため、きつめに仕上げましょう。

 

今回は手縫いで仕上げました。

 

 

高校での家庭科の評価が3!
なおかつ、玉結びできない私が6時間かけてなんとか縫い上げたものがこちらです↓↓

 

見た目はとにかく、作っている過程はとてもお見せできないくらいひどいので載せられません。(笑)

 


ポイントは右耳の下に取っ手をつけ、座る面に綿を入れたことです。

 

まとめ

母が何年も前、私たち姉妹のために作っていたことを思い出しやり方を教わってみました。

 

かれこれ5年以上前に作ったものが実家にいまでも現役で存在します。

 

しっかり作ればとても物持ちが良いです。

 

どなたが発明したのかわかりませんが、最初に考えた方は本当に素晴らしいですね。

 

あなたもぜひ作ってみてくださいね!